離婚相談

高橋 知子の離婚相談・離婚カウンセリングでは、 ご相談者が幸せになれるのかどうかを最優先に…

 

高橋 知子の離婚相談・離婚カウンセリングでは離婚することによって、まずは第一にご相談者ご自身が幸せになれるのかどうかを最優先に考えてカウンセリングを行っております。

 

離婚を考えて相談してみようと決意されるまで、どれだけ苦しい思いをされて来たことでしょう。
誰しも自分自身が離婚したいと思うなど予想もしていなかったことなのですから、パートナーに対する失望、家庭を壊す責任、離婚を決意した方にも辛さ苦しさが付きまといます。

 

結婚生活の破綻、自分の人生、新しい方向、前向きになるには、まずはしっかりとした心の整理をするカウンセリングが必要なのです。

 

 

離婚相談のカウンセリングは、自分の気持ちを吐き出すことから始まります

離婚相談のカウンセリングは、自分の気持ちを吐き出すことから始まります。
考え方に間違いはないか?!何度も自問自答して出した離婚という結論、それでも自分一人ではなかなか進めないものです。カウンセリングを通して方向性が決まれば、実行に移して行くためのアドバイスが有効になります。

 

離婚問題を解決する為には、どのタイミングで相手に何を伝えるのか、大事なことは何か、相手が承諾しない場合には心理的な戦略も必要になります。

 

 

最終的には弁護士への依頼、家庭裁判所での調停や裁判が必要になる場合もあります。離婚問題に積極的に取り組んでいる弁護士とも連携しており、ご要望に応じて、法律相談、調停・訴訟の依頼も出来ますので安心です。

 

高橋知子の離婚相談は、弁護士の法律相談とは違う心理的な問題の解決やきめ細かい心理的サポートのご相談が中心となります

 

夫婦問題カウンセラーとして、調停や訴訟の流れには精通しておりますが、ご相談者の心の安定を支えることが仕事であり、協議中のご夫婦では相手側の心理を読み、ご相談者の意向を大切にしてカウンセリングを行っておりますので安心してご相談下さい。

 

 

 

こんな時にご連絡を

  • 離婚の文字が頭をよぎった時。
  • どうしても離婚に応じてもらえない時。
  • もう駄目だ!離婚しかないのかと思った時。
  • 離婚について迷いのある時。
  • 離婚を考えてはいても、子供のことで悩んでいる時。
  • 離婚を言い出すタイミングや言い出し方が分からないで悩んでいる時。
  • 相手に対して自分の気持ちの伝え方に悩む時。
  • 相手の気持ちが解らずに悩んでいる時。
  • 相手との話し合いの仕方や話す内容に不安がある時。
  • 調停や訴訟を起こすことに不安や心配がある時。
  • パートナーから調停を申し立てられてしまった時。
  • すでに調停中で、不安がありどのように対処して良いか分からない時。
  • パートナーから訴訟を申し立てられてしまった時。
  • すでに訴訟中で、とても不安があり、どのように対処して良いか分からない時。
  • 離婚に関することで不審な点や不安な事がある時。

上記の項目は、離婚相談の内容の一部です。
上記の項目以外でも離婚についてのお悩みがあれば
是非、ご連絡下さり相談にお越し下さい。
TEL045-325-9106 or お問い合わせ
夫婦問題カウンセラー高橋 知子が誠実に対応しております。

 

 

連携している専門家

ご相談者の問題を解決に導く為に必要な専門家の方々と連携して対応しております

ご相談者の問題を解決に導く為に必要な専門家の方々と連携して対応しております。
紹介料は頂いておりません。契約される場合は別途、直接の契約になります)

また、全ての方にご紹介が可能ではありませんので、予めご了承下さい。

 

弁護士

多数の弁護士の先生にお会いした中で、離婚問題に熱心に取り組まれ、情熱をもって仕事に取り組んでおられると感じた弁護士の先生と連携しております。
離婚問題は精神的苦痛も大きいですので、スピーディな対応をして下さり、依頼者に対する説明も解りやすい先生方です。
ご相談者にとって、調停や訴訟での可能な限りの満足を得るために、弁護士の先生に的確な情報を提供して、依頼者の気持ちを汲み取って頂く必要があります。
当相談室のサポートコースでは、ご相談者の必要に応じて、弁護士への質問事項のアドバイスや提出書類のサポート、弁護士

事務所への同行など、ご相談者が安心できるサポートをしております。

 

 

行政書士

夫婦の話し合いのみで離婚が成立した場合に財産分与・養育費・慰謝料など諸々の決定事項を文書(離婚協議書)にしておくことは、離婚後のトラブルを避けるためにも必要です。その決定事項の中に分割払いの項目(養育費が含まれます)があれば、公正証書にした方が安心です。
平成20年以前に結婚生活があった方で離婚後の年金分割を希望される方は分割割合が公正証書に記載してあれば、日本年金機構での手続きに別れた配偶者と一緒に行かずに済みます。
行政書士に離婚協議書の作成を依頼したい方、公証役場への代理を依頼したい方もいらっしゃいますので、ご相談者の希望に添って依頼しております。
とても仕事に熱心な行政書士と連携しておりますので、依頼した後も安心です。

 

 

調査会社

配偶者の浮気が原因で離婚問題が発生している時に、調査会社への依頼が必要な場合があります。
しかし、調査には多額の料金がかかることが通常ですので、本当にその調査が必要かを見極めて、簡単にはお勧めしておりません。
必要な場合でも、浮気している当事者の心理状態、人間の行動パターンなどを良く読み、調査日時の設定にお役に立っております。(ご相談者の希望により契約された後も当相談室では、しっかりとサポートしております)
当相談室と連携している調査会社は非常に良心的で、尚且つ、正確な調査を行っている調査会社に限定しておりますので、安心して依頼できる調査会社です。

 

 

まずは、お電話(045-325-9106)でご予約をお願いいたします。

 

お気軽にお電話ください。

▲ページTOP